PMSで悩む女性を見捨てません【イライラなどの気分もスッキリ】

ナース

女性特有の症状

ストレッチ

PMSは月経前症候群の事です。生理の約二週間前から始まる肉体的・精神的な負担の事を言います。人によって大きく症状が異なるのが特徴です。PMSの発症原因は不明ながら、整理によるホルモンバランスの変化と脳内物質の低下が要因であると言われています。

View Detail

悩まず前向きに改善へ

頭痛

PMSは月経前に心身に現れるトラブルのことです。人によりさまざまですが生活に支障が出るほど困っている場合もあります。黄体期に分泌されるホルモンが原因です。心療内科や精神科、婦人科の受診で治療できます。

View Detail

生理前の不調

医療

PMSは几帳面や生活習慣の乱れ、アルコール、喫煙などで症状は重くなっていきます。そして、人気の理由は、心療内科や精神科に相談に行くことで症状は良くなっています。なぜなら、一人で悩まないようになるからです。

View Detail

女性特有の症状

辛い

様々な症状があらわれる

女性特有の症状のひとつがPMSです。PMSとは、月経前にイライラしたり、腹痛や眠気など心と体に変調をきたすもので、月経前症候群と呼ばれるものです。人によって症状は様々ですが、月経の数日前から症状があらわれ、月経を通過すると治まります。PMSの原因は女性ホルモンの作用などによって引き起こされるとされていますが、確かな原因は分かっておらず、悩みを抱える人も多いのです。PMSの症状は、精神的な症状と身体的な症状に分けられます。精神的な症状の代表的なものがイライラです。普段は気にしないような些細なことでも気に食わなかったりするなど感情的になり、周りの人にその感情をぶつけてしまうことがあるのです。また、イライラだけでなく落ち着きを失ったり、憂鬱な気分になったりと情緒不安定になりがちです。一方、身体的には月経前の腹痛や眠気などの症状を引き起こします。乳房の張りや顔・体のむくみも特徴のひとつです。人によってはニキビなどの肌荒れを引き起こすため、周りの視線を気にする原因となるのです。PMSによるストレスは心身に大きな負担がかかります。なので、早めに心療内科へ受診してカウンセリングを受けると良いでしょう。

症状を抑え方

PMSの症状は人それぞれですが、症状が重くならないように普段から気を付けることが大切です。例えば、仕事場での過度なストレスは症状を重くする要因のひとつです。また、食生活の乱れや過度な喫煙や飲酒も悪影響です。風邪などによって体調を崩している時も症状を重くしてしまう要因です。PMSは女性にとっては避けられないものですから、症状を抑えるためにも普段から心と体の健康に気を配ることが大切です。むくみなど身体的な症状を抑えるためには、食事は毎日決まった時間に摂取するように心がけ、肉類などに偏らないように野菜をしっかり食べることで毎日の体調をしっかり整えることが必要です。また、アルコールやコーヒーに含まれるカフェインなどはイライラの原因となるので、過度な摂取は控えることが大切です。また、喫煙も血行を悪くしたり、ホルモンバランスを崩す原因となるため控えることが無難です。食生活だけでなく、適度な運動を行うことも体調を整えるためには有効です。PMSの症状を抑えるためには普段の生活を規則正しく行うことが大切ですが、症状が酷い時には迷わず医師に相談することも重要です。

月経前症候群と向き合う

女医

月経前症候群ことPMSは、女性の生理が始まる前に発症する不快な症状のことで、その症状は人によってさまざまです。また同じ人でもその月によって出る症状が異なることもあり、PMSには数多くの女性が悩まされています。

View Detail

きちんと診断してもらう

相談

雑誌などの広告などでもよく見るPMSとは、月経前に体調が悪くなってしまう病気のひとつです。多くの女性がなっていると聞きます。まずは自己判断はしないで病院へ行き、しっかりと診察をしてもらうことが大切と言えます。

View Detail