PMSで悩む女性を見捨てません【イライラなどの気分もスッキリ】

笑顔の女性

女性特有の症状

ストレッチ

概要と症状

PMSは「Premenstrual Syndrome」の略称で日本語では月経前症候群と呼ばれている症状の事です。生理が始める約二週間前に起こる身体的・精神的な不調の事を言います。症状は幾つかの種類に分ける事ができますが、細かく調べると二百種類以上あると言われており、まさに十人十色を体現する症状でもあります。当然ですが、生理が起こらない男性は発症しません。女性特有の問題です。基本的に整理が始まると症状が和らいでいき、暫くすると回復します。PMSは大きく分けて精神的な不調と身体的な不調に分ける事ができます。精神的な不調では感情の起伏が激しくなり、情緒が不安定になります。物事に集中できない、落ち着かない、感情のコントロールができない、などが代表的な症状です。これとは逆に憂鬱な気分になって塞ぎ込んでしまうタイプもあります。肉体的な不調は乳房のはりや痛み、腰痛や頭痛、全身または特定部位への倦怠感などがあります。著しい体重の増加や下腹部のはり、肌荒れやニキビなどの症状も確認されています。

原因と改善法

人によって症状が異なるPMSですが、その発症メカニズムは今をもって謎です。しかし、整理が原因で起こる事だけはハッキリしており、主な要因としてホルモンバランスの変化および脳内物質の低下が上げられています。また外的要因によってPMSの症状が悪化する事もあり、仕会社勤めの女性は専業主婦と比べて症状が重くなる傾向があります。PMSは精神状態を大きく変容させるので、情緒不安定のまま仕事に赴いた結果、人間関係が拗れてしまう事もあるようです。症状を改善する方法は幾つかあります。まずはストレスを溜め込まない事が前提となります。程度な睡眠と適度な運動は重要となってきます。特に有酸素運動はPMSに対して効果があると言われています。ホルモンバランスが要因である事から、食生活の改善も重要なポイントです。カフェインやアルコールなどの調節も必要です。摂取し過ぎた場合、PMSの症状が悪化する場合があります。PMSの症状が重く、日常生活に影響が出る場合には医療機関の診察も選択肢です。